読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Project German-style

同人、Github、その他活動の記録と報告

引っかかりながらも順調

Gentoo導入

ちょっとずつ進行中。

X

emerge x11-xorgだけではモジュール不足で動かず。
カーネル弄ったり色々試した後、emerge x11-serverをやってみたらxf86-video-radeonなどのパッケージがコンパイルされ起動した。xf86は廃止されたと思ってチェックしなかった……

なぜかエラーがよく出るemerge

maskされたパッケージに当たると頻繁に落ちる。
しかもやたらとmaskされたパッケージが多い。sawfishもfluxboxもetermもfirefoxemacsも通らない。
とりあえずfvwm+rxvtの見た目はしょぼいが高機能組をインスコして作業継続。
まあこういう時は更新するのが正解である。emerge --syncをしてみたらemerge portageを薦められ、実行すると無事色々なものがビルドできるようになりました。

freetypeモジュール

xfontselほかX関係が色々動かない。よくログを見るとfreetypeモジュールが存在しないっぽ。
Xのfreetypeモジュールはxfsの機能を提供するものなのだそうな。参考
色々試して解決できなかったのでxfs自体をインストールする事に。しかし本家は手間が掛かる割にTruetypeが使えないgentooで提供されるバージョンでは使えましたなど、いろいろ残念な物体でもあるのだが。

xfs

emerge xfsからrc-update xfsでインストールは済んだ。続いてXサーバ側の設定(参考)……しかしこれが出来ない! "unix/:7100"もno-listen=tcpを外しての"tcp/localhost:7100"もハズレ。
正解の糸口はrcスクリプトを見返していた事から。

XFS_PORT=-1

(/etc/conf.d/xfs)
そう、正解は"unix/:-1"でした。
ドキュメントの何処かには乗せておいてほすぃ


逆に比較的簡単にインストール出来てしまったのがw3mとuimで、Xやrxvtとこれらが使えるようになった時点で、かなり自由にブラウズしながらのconfigが可能となっておりました。