読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Project German-style

同人、Github、その他活動の記録と報告


 限界だ。
 だがそれがいい。


 瞼が痙攣しているのが分かって、可笑しい。
 眼前に広がる夜空は、何とも賑やかな事になっていた。
 弾幕が花咲いているとか、妖精が飛び回っているとかでは別にない。が、それに近い。
 いかれた視界が斑だらけで、一面がちかちかと明滅して見えるのだ。

 夜空が眼前に広がっているという事は、俺の身体が仰向けに寝そべっているという事を、とどのつまりは意味している。
 夜の森、不思議な飲み屋の長椅子は、ひんやりとして気持ちが良かった。
 あとは食道の不快感を忘れられれば。大袈裟に息を吸って吐く。

「――、――♪」

 火照った耳に触れるのは、節の付いた声音。
 女が腰を掛けるのは長椅子の端、俺の頭のすぐ上だ。
 はて、これは料理人ではなかったか。
 まあ、お客は俺しかいないようだ。
 だとしたら注文は打ち止めか。

「――♪ ――、――」

 歌は容赦なく食い込んでくる。
 それに伴い、世界の遠心力が増していく。
 狂おしい。
 無邪気な歌詞のどの言葉を聞いて、俺はその感じを覚えたんだろう。
 それを確かめようと気を張る頃には、歌ははるか先に進んでいて、俺はさらなる狂おしさに埋もれてしまっている。

 自分が壮絶に高まっていくのを感じる一方で、どこか冷めた感じはあった。

 酒、アルコール、化学物質だ。
 酒酔いになると、感覚が異常に膨張する。
 ささいな事が異様な存在感を持つなど、よくある事だ。


 そういう事と違うとすれば、そう。
 強いて一つを挙げるなら。


 俺はいったいいつ、酒を呑んだ?
 

「――。――、――、――」

 慌てて身体を起こそうとした。
 回転が弱まった独楽のように、大きくよろけて長椅子に身体が押し付けられた。
 何とか起きよう、もう一度。今度は身体はぴくりとも動かぬ。

「――、――、――」

 歌姫の手が、俺の火照った額を撫でる。
 硬い爪が触れる。

 駄目だ。
 もういいか。
 取り込まれる。
 惹き込まれる。
 命の危険に。
 ずっとこの身を浸していたい。

 夜風の中に拡散していく。
 歌が、あるいは俺の全てが。
 夜風は冷たく身体を撫でて。
 世界と俺とに、境界が戻った。

「ご静聴、ありがとうございました」

 急速に、頭が冷える。

 身を起こすと、そこはただの暗闇だった。
 梟の夜鳴きが物寂しい。
 座っているのは、長椅子ではない、ただの倒木。暖簾もカウンターもそこには無い。
 耳当たりさっぱりのあの歌も、僅かな余韻すら残していなかった。

 隣を見た。
 妖怪は妖しさをどこかへ消し去り、ただあどけなく笑っていた。
 その華奢な肩と翼越しに、里の灯りが見える。



 気が付けば俺は、その肩を強く掴んでいた。

「もう一曲、歌ってくれ、頼む!」