読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Project German-style

同人、Github、その他活動の記録と報告

一足早く乙でした

C75

二日目のみ参加なので、ここで一足早くお疲れ様を言わせて頂きます。念願のSS屋の皆さんに挨拶巡りは果たしたのですが、

リコーダーと申します! 覚えてますか? 覚えてませんよね! ちなみにこれ本です! それでは!

というシークエンスをひたすら繰り返すという大変馬鹿っぽいものであった事を報告し、皆さんにお詫びしておきます。

で新刊は、オフメタル紙で金ピカ本というコンセプト。

さらに前回に引き続き、スペースに来た人に心配される程度の価格設定でしたが、これはネタを明かすと印刷が二色刷りであるためフルカラーとは相場が違うからなのでした。とはいえ特殊紙の割引制がある所でないとフルカラーより高くつく場合がざらのようですけど。

どっこい、唯一の盲点は、「光りすぎて印刷が見えない!」事。ぎゃー。

という訳で以下の対策。

  • 反射を抑えるために屋根を付けてみる(大変みっともない)
  • 本を一冊、立てて置く(反射角の関係? 寝かすよりはまだ見えやすい。中盤以降のデフォルト。上の写真参照)
  • 開き直って机を全面金色にしてみる(いたたまれなくなって数分で戻した)
  • 読者数確保のため挨拶回りで配りまくる(一応オフセのはずなのに扱いがほぼコピー本)

これがほとんど、本日の行動の全てでした。

まあネタには充分なったかなー、という話。まる。